酒天童子はミニスカートで走りたい

著者) つぐみざき あさひ


 五月、今日は天気がいい。僕は男の子を拾った。
 新聞を取りに外に出たら、段ボール箱に入った男の子にえらく達筆な手紙が添えられていて、要約すると拾ってくださいと書いてあった。
 立派な家には住んでいるんだけど、そういうのは受け付けてない。とはいえ、近頃暑くなってきているし、死んだりすることがあってはこまるから、と思ってなかに入れてやったのが間違いだったらしい。
「僕は半田あきらだ。君は?」
「酒天童子」
 と来たもんだ。
 酒天童子は確かに新潟県出身だから、京都で倒された後、魂が故郷のここににたどり着いていたとしてもおかしくはないけど。僕は源頼光の子孫でも国上寺の関係者でもないんだけど。
 僕はなにも考えないことにした。
 着ているものがぼろぼろでぼさぼさの髪、顔は良さそうだけど身なりが汚いな。と思った僕は、酒天童子の身ぐるみ剥いで風呂に入れた。
 するとまあ、あっという間に市の方に行ってもそうそういない美少年が現れた。
 現れた訳だが。
「君が着る服がないか。君は小柄だし昔の僕の服が合うかもしれないな」
 昔の服を納戸から引っ張り出している間に、酒天童子が僕の部屋に忍び込んでそこらじゅうひっくり返し、しかも僕の制服を着て、どや顔をするという非常識っぷりだ。
「みじけぇ袴らね。ツンツルテンら」
「それはスカートだ。女子の制服だよ」
 酒天童子が形のいい目を丸くして、
「あきら、髪、みじけえ」
 と片言で言う。
「今の女子はこんな格好をしていることが多い。もちろん僕みたいに違う格好をしたいひともいるけどな」
 と、ファッション雑誌を見せ、イマドキの女子の衣装を教えてやった。
 酒天童子はなにごとか考え込んでいたけれど、おもむろにこう言った。
「あきら、おんなっこんがにおんなっこのかっこしねえ。そいらば、俺がおんなっこしてもいいが?」
「いいんじゃないか?そういう人もいる」
 酒天童子の目がこれでもか、というほどきらっきらに輝いた。
 第一僕が男装趣味だし、変人に女装癖が加わっても、いまさら態度を変える方が疲れる。
「でも、とりあえず、制服はやめてくれ。セーラー服は手入れが大変なんだ」
 僕が着ないワンピースを着て、姿見を眺めていた酒天童子がおもむろに呟いた。
「あきら」
「どうかしたのか?」
 さらっさらになった髪をふわりとなびかせて振り向いた。
「いとしげらな、俺」
「………」
 更にナルシストが追加。
「あきら、街にいごうれ」
 ぴょんぴょん跳ねながら酒天童子が言う。
「あんまり自分が可愛いから見せびらかしたいのか?」
 ふんふんふん、と元気よく酒天童子が頷く。
「じゃあ、今度NEXT21でやるファッションショーに出てみるか?」
「ふぁ?」
 六月にNEXT21で、専門学校の学生によるファッションショーがあるらしい。僕はそういうことにはてんで疎いけど、幼なじみのおしゃれ番長はるかが言ってたのを覚えていた。
 チラシを引っ張り出して、色々と説明をしてやる。
 返事はもちろん即答で、
「やりてえ!」
 だった。
 ということで六月。
 酒天童子がまとったのはおしゃれ番長のはるかに借りた、僕にはなんかもうよくわかんない流行りのすっごい可愛い服だ。
 僕とはるかがいるのは客席だ。ファッションショー会場のNEXT21曲線のエスカレーターの降り口、ランウェイが設置され、客席が作ってあった。
「てんちゃんは超可愛いけど、今までのモデルさんはみんなプロだし、メイクも衣装もプロのひとだし、大丈夫かな?」
 はるかがエスカレーターのステップの上で気取ったポーズのままスーッと降りてくるモデルを見ながら言う。五泉や見附の繊維業が全面に押し出された、特産品だのなんだのをモチーフにした衣装でしゃなりしゃなりとランウェイを歩いてくる。
「大丈夫だよ」
 僕は酒天童子を真似て、自信たっぷりに言った。
「なんでよ?」
「だって、酒天童子は女子を自然発火させるほどのイケメンだから、女子になっても同等かそれ以上の破壊力があるに決まっているんだ」
 ちょっと説明をはしょりすぎだけど、その昔寺で稚児をしていた酒天童子に対する恋患いで死んだ女性の恋心が煙になって酒天童子を鬼にしたらしいし。
 エスカレーターの乗り口が見える席の辺りで、ショッキングイエローの悲鳴があがった。一部なんか野太いけど、それははるかセレクトの勝負服の効果だろう。僕にはなんかもうよくわかんないあれの。
 すらりと白い足がミュールでランウェイに降り立った。
「な、はるか、誰にも負けないだろ」
 スポットライトを浴びて、この世のものとは思えないくらい輝く酒天童子が、軽やかにランウェイに踏み出す。
「そうだね」
 他の一般的な女子なんかかすむほど可愛い酒天童子が、重力から解放されているようにふわりと跳んだ。ガラス貼りの壁から射し込む光をまとって、どんな宝石より輝く笑顔を振り撒きながら。

アマメハギ

(著者) ツキノマコト


 日本の来訪神行事と言えば、秋田の「なまはげ」が特に有名だが、新潟県にも存在する。村上市大栗田の「アマメハギ」だ。
 なまはげとルーツは同じなようで、鬼の面や腰に巻いた蓑など、姿もよく似ている。
 大栗田は過疎化が進み、今ではもう数人しか人が住んでいない。アマメハギの行事も、地元の小中学校の閉校に伴い、一度は途絶えてしまった。近年は村上市の保存会の尽力により、かろうじて小規模に実施されている。

「昔は結構、にぎわったんですよ。毎年1月にね、青年会の若い人や中学生がアマメハギに扮装してね。一件一件、練り歩いてましたね」
 そう語るのは、村上市の出身だというSさんだ。かつて伯父夫婦が大栗田に住んでおり、幼い頃はよく遊びに行ったという。Sさんは古稀を少し過ぎた年齢だから、六十年以上も前の話だ。

「集落には、アマメハギがいると信じて本気で怖がっている子どもも、たくさんいましたよ。でも、私は違った。なぜって、私の伯父がアマメハギだったからですよ」
 Sさんの伯父は、青年会の役員だったので、毎年、アマメハギ役の一人だったという。
「ですから、伯父の家の物置には、真っ赤な鬼の面とか、段ボールの包丁とか、アマメハギグッズが揃ってましたよ」
 Sさんはそう言って愉快そうに笑った。
 ところが、
「でもねぇ。私は一度だけ、不思議な光景を目にしたんですよ」
 ふいに真顔になって、こんな話を聞かせてくれた。

 ある年のことだった。Sさんは例年どおり、アマメハギの行事の時期に伯父の家へ遊びに行ったのだが、熱を出してしまい、寝込んでいた。もとも身体が弱く、すぐに風邪をひく子どもだったという。
 真夜中、ふと目を覚ました。トイレに立とうとしたが、熱と眠気で頭がぼんやりとして、思うように体が起こせない。
 寝返りを打つと、部屋の片隅に人影が見えたので、目をこらしてみた。

「そこにね、立っていたんですよ。アマメハギが」

 アマメハギは微動だにせず、じっとSさんのことを見つめていたという。
「伯父が帰って来て、私の様子を見に来たのだと思いました。ですが」
 Sさんは違和感を覚えた。
「アマメハギの装束のままでいるのは変だし、それに、そのアマメハギは天井に頭が付くくらい大きかったんですよ。伯父は小柄な人だったのに」
 Sさんはしばらくの間、アマメハギと見つめ合っていた。不思議と怖さは感じなかった。アマメハギは優しい顔で笑っているように見えたという。
「その後、すーっと記憶が飛んでいるんです。気が付いたら朝になっていて、部屋には私一人でした。熱はすっかり下がっていました」

 Sさんが食卓に行くと、伯父がすでにいた。Sさんは伯父に、ゆうべ何時頃帰って来たのかを尋ねた。

「帰ってない、と言うんです。青年会の人たちと夜通し新年会をしていて、たった今、朝帰りしたと」

 それ以来、Sさんは、あの時のアマメハギを一度も見ていない。
「不思議な事に、あれ以来、私は風邪をひかなくなったんです。あんなに病弱な子どもだったのに。私は、今でもあれは本物のアマメハギだったと思っているんですよ」
 Sさんは、嬉しそうにそう語った。

夜捕り

(著者)泳夏(えいか)

「先生、夜を捕まえに行きませんか。」
 突然、彼女はこんなことを言う。
「君ね、意味の解らないことを唐突に言うなと言っただろう。それから、状況をわかって言っているんだろうな。」 
 俺はいつもの様に無機質に心電図の数字を確認した。
 七十、六十、五十、四十―。
「先生、それってなんの数字なの?」
 また彼女はこんなことを言う。
「だからね、これは…、大事な目安で、頻回に確認しなければならない…俺の仕事で、つまり…所謂、なんだっけ。」
 俺としたことが、日頃の冷静さと決断力からは到底想像しえない歯切れの悪さだ。
「ふふ、いつもの先生じゃなくって面白い。このバタフライピーのお茶のおかげね。先生ってば、いつも真面目なんだもの。少しはお仕事のこと、忘れましょ。」
 彼女は微笑んだ口元を隠すようにカップを持ち上げた。それから、カップの中を覗いて、
「ほら見て、夜の信濃川。」
と呟いた。俺は自分の持っているカップの中身を確かめた。そこには確かに川が流れていて、高層マンションと夜の電車の灯りが反射した深くて重たい蒼色の流れがあった。
彼女がカップに息を吹きかけると、その深くて蒼い流れは白い湯気を放って、部屋中に立ち込めた。
「もうここ、飽きちゃった。変わらない白い天井。少ししか開かない不便な窓。重くて軽い、あって無いような扉。鳴りやまないアラーム。終わらない治療。もうここに未練はありません!」
 彼女がそう宣言すると、部屋中の湯気が真っ青になって、何も見えなくなった―。
 
 蒼い広葉樹に、蒼い草、ところどころに生息しているのは、蒼い彼岸花。
「ようこそ、蒼の島へ!」
「蒼の島?」
 どうにもついていけない事態なのに、俺はこの場所を知っている気がした。
「忘れちゃったの?ほら見て、服。」
 ふと見下ろすと、俺はいつもの白衣ではなかった。学生の頃、よく着ていたライブのTシャツに細身のダメージジーンズとお気に入りのスニーカーを履いていた。
「夜を捕まえるの。さあ、行きましょう。」
 彼女はそういうと、俺の手を強引に取って速足で進み始めた。坂を上ると、石の階段があって、彼女は一段一段、うんしょと上った。
「まるで神社の階段だな。」
体力に自信はあるものの、俺だってこんな傾斜のきつい階段、いつぶりだろう。
「着いたわ。ここ。確かここで見たの。」
上った先には、銅板が埋め込まれた石の門があった。
「高校?」
「そう、ここにはあったはずなの。熱血な先生がいてね。いっつも、『問題解決には生きる底力が必要だ!』なんて言っていたわ。」
ふっと笑った彼女の横を、ヒラヒラと何かが通った。蒼く光る四枚の羽根に、俺は見惚れて身動きが取れなくなった。チョウトンボだ。異変を感じた彼女が俺の目線を追う。
「あ、待って!待って、お願い!」
 立ち尽くす俺を置いて、彼女は駆けた。だが、もう遅かった。チョウトンボは空高く飛んで、姿を消した。
「綺麗だったね。」
「そう、あれが夜。皆ああやって元の姿になって、この島を自由に飛び交うの。綺麗よね。それなのに皆捨てたがる。私は捨てたくて捨てたんじゃないんだけど、先生はやっぱりお仕事の関係で仕方がなかったのかしら。」
 俺はようやく彼女が何を探しているのか分かり始めた。それは俺にはもう必要のないものだと思っていたが、こうしてここに彼女といるということは、きっと今の俺にはそれが必要なのだろう。
「俺も捨てたつもりはなかったかな。でも押し込めているうちに、消えてなくなった。つまり、捨てたのと何ら変わらないかもしれない。」
 彼女は少し黙ってから、
「もうすぐバスが来るわ。急いで下りましょう。」
と言って、また俺の手を引っ張った。

 バスを降りると彼女はずんずんと怪しげな茂みに入っていった。こんなところを一体誰が通るのだろう。砂利を踏み鳴らして進んだ先には、宝石のように輝く水面があった。
「虫谷の入り江。ここかもしれない。」
 その海水は、果てしなく長い時の中で、人々の悲しみも愛も吸い込んできたような色をしていた。俺はその美しさに屈して、観念した。
「どうしても今日じゃないとだめなのか。」
 俺は閉じ込めていた心の声を漏らした。
「先生、嬉しい。」
俺と彼女の瞳に朝日が差し込んで、キラキラと頬を伝った。
「ほら、捕まえた。」
蒼く輝くチョウトンボが彼女の指先にとまった。
「先生、ありがとう。私、頑張ったの。もうつらいのは卒業。また、ここに会いに来てね。」
 三十、二十、十―。
 俺は一人になった。チョウトンボが何匹も飛び交い、水面を一層輝かせた。それから激しい波が押し寄せて、俺の情けない嗚咽と涙を優しく包んだ。そして俺の震える掌に、一匹のチョウトンボがとまって羽を休めた。

「おかえり。俺の―。」

ニイガタで受けた依頼

(著者)圭琴子


 この辺りが、ツバメ温泉だな。
 俺は注意深く、宿屋と土産物屋が数件並ぶ、こぢんまりとした商店街を抜けていく。腰に吊ったロングソードがどう慎重に歩いても金属音を立てるから、不意打ちに備えて耳を澄ました。
 普段は温泉街として、地元のお年寄りや観光客で賑わう街道だったが、今はひとっこひとり歩いていない。
 コボルトが出たと、噂が立ったからだった。コボルトは、犬の頭とひとの身体を持つモンスターで、戦闘力はそう高くないがイタズラ好きの一面があり、一般人には脅威となる存在だ。
 昨夜、路銀を稼ぎながら旅を続ける俺がミョウコウ市の酒場に入ると、ツバメ温泉から逃げてきた商店主たちに、あっという間に囲まれた。
 ニイガタは風光明媚(ふうこうめいび)な土地柄で、モンスターが出ることは滅多にないから冒険者も立ち寄らず、困り果てていたらしい。お陰で俺は、コボルト討伐(とうばつ)にしては随分と多い額の打診をされて、意気揚々と登山道を登るのだった。
 温泉街から徒歩十五分、標高一一五〇メートルにある源泉かけ流しの野天風呂『カワラの湯』で、コボルトが目撃されたらしい。
 遠くに脱衣所の建物が見えてきて、俺はロングソードに右手を添えた。
「バウワウ」
「バウ! キャンキャインヒン」
 ん? コボルト語? 
 乳白色ににごった広い岩風呂に、二匹のコボルトが浸かっている。――いや、二匹? 一匹は犬頭だったが、もうひとりはブロンドだった。仲良く並んで湯に入り、世間話よろしくコボルト語で和やかにお喋りを楽しんでいる。
 俺は緊張感からガックリと解放されて、警戒を解いてカワラの湯に近付いていった。
 まず、耳の良いコボルトが顔を上げる。続いて、整った顔立ちの少女と目が合った。
 ……え? 少女? 待って待って待って、耳が長い、エルフ? エルフの美少女?
 俺は興奮して――いやいや待て、それじゃ俺が変態みたいじゃないか。ごほん。混乱。そう! 混乱して、思わず声を張り上げた。
「おい、何やってんだ! コボルトは、人間に襲いかかることだってあるんだぞ!」
 エルフは白い湯の中から、細い片手を上げて振る。
「大丈夫じゃ! 彼女、女の子だから!」
 そういう問題じゃねぇだろ、とは思ったが、彼女がふいに立ち上がって脱衣所に向かったので、俺は絶句してしまった。肝心なところは長いブロンドに隠れて見えなかったが、エルフ特有の手足の長いスマートな肢体は、俺の鼻の血流を良くするのに十分だった。
 いかん。初対面で鼻に詰め物をした状態とか、さすがに第一印象が悪過ぎる。
 そう思いとどまって、俺は鉄の意思の力で鼻血を止め、赤く染まったハンカチを急いでしまった。コボルト語は分からないから、ハッハッと舌を出して温泉に浸かるコボルトと何となく目が合って、間抜けな時間が過ぎる。
 三分ほどあって、脱衣所の扉が開いた。鮮やかな黄緑に染め上げられた革鎧(かわよろい)を着た、小柄なエルフだった。
「待たせたな。ワシは、ルーヴィンショウじゃ。ルーヴと呼んでくれ」
「ああ。俺はドルフ。コボルトの討伐を依頼されてきたんだが……エルフがこんなとこで、何やってるんだ?」
 ルーヴはふふんと得意げに含み笑い、ピンと人差し指を立てた。
「人間界には、『オンセン』という至高の趣味があると聞いてな! 手始めに、森の近くから攻めているのじゃ」
 そう言えば、ミョウコウコウゲンの森には、ハイエルフが住んでるって伝説があったっけ。三年ほど前にもニイガタに来たことがある俺は、幾らか風の噂を知っていた。
 長命で美しいが保守的な森の妖精エルフは、人間界に興味を示すもの好きがほとんど居ないため、ニホン中を旅する俺も数えるほどしか見たことがなかった。
 湿ったブロンドの両側から、エルフの特徴である先の尖った長い耳が覗いている。
「彼女を討ちに来たのか? 彼女は、傷を癒やしにオンセンに浸かっているだけじゃ。危険はない」
「でも……」
「でもはない。人間は争い過ぎじゃ。無害な彼女を討つというなら、ワシが相手になるぞ」
 エルフが精霊魔法を使うというのは、有名な話だった。ロングソード一本の俺では、分が悪い。
「分かった。ただ、温泉に来るのをやめて、森に戻って欲しいんだ。俺がやらなくても、また別の奴が来る」
 ルーヴは、コボルト語で何往復か会話をした。
「ドルフ、薬は持っているか? 切り傷を治すために、ここに来ているそうじゃ」
 それからルーヴに通訳して貰いながら、コボルトの足の傷に薬草をすり込み、包帯を巻いて手当てした。コボルトは感謝するように何度も振り返り、森の奥へと帰っていった。
「一件落着じゃの。ドルフ。せっかくだから、お前もオンセンと洒落込んでみてはどうじゃ? 気持ちがよいぞ」
 そんな顛末で、俺はカワラの湯に浸かっていた。シュワシュワと泡立つ白いにごり湯が、確かにひどく心地いい。両手で湯をすくって豪快に顔を洗い目を開けると、ルーヴの笑顔が間近にあった。
「ルーヴ!? 何やってんの!?」
「ん? ここは、『コンヨク』だと書いてあったぞ。男女が一緒に入っていいという意味じゃろう?」
「ま、間違ってはいないけど!」
「何じゃ、ドルフ、色気を出しておるのか? お前のような洟垂れ小僧(はなたれこぞう)が、五百年は早いわ!」
 ルーヴが高らかに笑う。
 それから俺は、何の因果かルーヴの温泉ハントに付き合わされ、混浴の度に鼻血をこらえる羽目になるのだった。